初心者にスキャルピングがお勧めできない理由とは?

今からFXをやろうという人とか、FX会社を乗り換えてみようかと考慮している人向けに、国内にあるFX会社を比較し、ランキングにしているサイトも頻繁に見掛けます。

よければGoogleなどの検索で「FX口座開設 比較」といったキーワードを入力して実際に確認してみてください。

FX口座開設に関しましては無料の業者がほとんどなので、いくらか時間は要しますが、2つ以上の業者で開設し実際に利用してみて、あなたにマッチするFX業者を選んでください。

FX会社を比較する場合に確認しなければいけないのは取引条件ということになります。

FX会社それぞれで「スワップ金利」などが異なりますから、一人一人の取引スタイルに見合うFX会社を、比較の上ピックアップしましょう。


初回入金額というのは、FX口座開設が終わった後に入金しなければならない最低必要金額を指します。

特に金額指定をしていない会社も存在しますが、最低10万円という様な金額指定をしているところも少なくないです。

レバレッジと申しますのは、入金した証拠金を資金として、最大でその金額の25倍の「売り・買い」が許されるというシステムを指しています。

仮に50万円の証拠金でもって20倍のレバレッジをかけたとすると、1000万円という売買が可能なのです。

例えば1円の変動であっても、レバレッジ1倍なら1万円の損益になりますが、10倍の場合は10万円の損益ということになります。

結局のところ「レバレッジが高い倍率になればなるほど被害を受ける確率も高くなってしまう」というわけなのです。


デイトレードを行なう際には、どの通貨ペアをチョイスするかも大切です。

デイトレードと言われるものは、スキャルピングの売りと買いのスパンをそこそこ長くしたもので、総じて数時間から1日以内に手仕舞いをしてしまうトレードだとされています。

実際問題として、値幅の大きい通貨ペアを選定しないと、デイトレードで儲けることは100%不可能です。

為替の流れも理解できていない状態での短期取引となれば、あまりにも危険です。


そして何と言いましても、豊富な知識と経験が物を言いますから、いわゆる新参者には特にスキャルピングはおすすめできないですね。

私自身も初心者の頃にスキャルピングを繰り返して散々な目に遭っていますが、あるレポートを読んでからは考え方が変わってスキャルピングはやめました。

メルマガへの登録が必要にはなりますが、無料で配布されている秀逸なレポートなので、以下に配布されているページのリンクを貼っておきますので、お読み頂くことをお薦めします。



私の知人も重点的にデイトレードで売買をやってきたのですが、その無料レポートを読んでから近頃はより収益が望めるスイングトレード手法で取り引きを行なうようになりました。

スイングトレードで収益を得るには、それなりの売買の進め方があるわけですが、もちろんスイングトレードの基本を押さえていることが必須です。

最優先でスイングトレードの基本を学びましょう。


システムトレードと呼ばれるものは、株式やFXにおける自動売買取引のことであり、売買を始める前に決まりを定めておいて、それに則ってオートマチックに売買を継続するという取引なのです。

取り引きについては、100パーセント面倒なことなく実行されるシステムトレードではありますが、システムの適正化は一定間隔で行なうことが大切で、そのためには相場観を修養することが大切だと思います。

一般的には、本番トレード環境とデモトレードの環境を比較してみると、前者の方が「一度のトレードあたり1ピップス程収入が減る」と考えた方が賢明です。

「デモトレードをやっても、現実に損をすることがないので、メンタル上の経験を積むことができない!」、「自分自身のお金を投入してこそ、初めて経験が積めるわけだ!」と言われる方も少なくはありません。

だから、まずは少額からリアルなトレードを始めてみるようにしてください。



この記事へのコメント